脇坂体験記① 抜け毛が気になり無料カウンセリングを申し込むまで

あかん、前髪が。。減ってきてる。。。

まだ僕22歳やで。。おいおいウソやろ。。。

あーそうか。。これは遺伝や。完全に遺伝や。自分にも時が来たんや。。。

嫌や、ちょっと待って嫌やって、嫌や嫌や嫌や!!ハゲたくない!!!どーしよ!!?

こんにちは(^_^)

7年前、自分はこんな思いでした。それからヘアメディカル「脇坂クリニック大阪」に通い、もう6年半が経ちます。

人生を変えてもらった「脇坂クリニック大阪」体験記のうち、今回の体験記①では「無料カウンセリングに申し込むまで」を紹介していきます。

先祖代々ハゲの遺伝~自分は将来100%ハゲるという自覚~

中学生くらいのころから「普通にいったら自分もハゲるだろう」と不安でした。家族の、男全員がハゲていたからです。一人残らずです。

父親は若ハゲ
一家の大黒柱は、なんとも頼りない髪質です。昔はリアップを使っていましたが、今では抗うことをやめました。ハゲても明るい性格で、割り切ってハゲを笑いに変えようとする日本のお父さんです。

おじさんはズルむけ
おじさんは、父親の兄です。昔から、父親よりも一歩先を行く人でした。上からハゲてるのか前からハゲてるのか、物心ついたころからずっと疑問でした。

兄はスカスカ
5つ上の兄は、一見大丈夫そうにも見えます。慎重が180センチ以上あるため、頭部が見えにくいのです。家系の中では得をしているほうです。しかし、正確に確認すると頭頂部から少しずつ薄くなり、すきバサミで髪の毛をすいてるかのような薄毛です。

おじいちゃん達には何も無い
父親のおじいちゃんは、言うまでもありません。残念なことに母方のおじいちゃんもアウトでした。自分が小さいころは、老人には全員髪が無いと思っていました。

この家系で育ち、どうして自分はハゲないでしょうか?

実際に、自分の髪も細いのです。学生時代から、将来はハゲるだろうという恐怖心と、自分だけは絶対にハゲない方法を見つけてやるという強い想いを持っていました。

20歳を過ぎると抜け毛が増え、青春が一瞬で終わりを告げそうに

そんな自分の抜け毛が増え始めたのは、大学生の時です。

晴れて入学した念願の大学生活。女の子にモテたくてモテたくて仕方ない、まだまだ青春真っただ中のころです。そんな青春時代を妨害したのが、20歳を過ぎたころから少しずつ増え始めた抜け毛でした。

お風呂で髪を洗うと、手に抜ける毛が増えたことに気がついたのです。気になったらもう最後。少しずつ前髪が少なくなっていくのを感じました。いわゆる薄毛です。

抜け毛が増え始めて1~2年経つころは、なんとも言えない気持ちでした。マジかよ。。ていうか普通にハゲてきてない?これって薄毛やん。。。え、ひょっとしてもう青春終わり??ていうか人生終わり??あーー、なんでこんなことになったんやろ。嫌や嫌や!!うわーもう死にたい。これから楽しいことなんて何も無いんじゃ。。。

本当にそんな感じでした。鏡を見るのがだんだん嫌になり、何をしていても前髪のポジションが気になりました。

インターネットで「AGA」について徹底的に検索

でも、諦めたらそこで試合終了です。ハゲんちゅとして生きることになります。

大学に通いながらインターネットで徹底的に薄毛対策について調べました。
ちょうど「AGA」という言葉が広がり始めたころだったように思います。

「AGA治療」、「20代の若ハゲ対策」、「抜け毛・薄毛対策 方法」、「育毛 薬」など毎日のように検索し、ありとあらゆるサイトを見ました。

何かについて、これほど真剣にネット検索したのは初めてでした。助けてくれ!まだなんとかなるはず!!という思いで画面にかじりつきました。

すると、1つのことに気がついたのです。

ネット検索の結果、ヘアメディカル「脇坂クリニック大阪」がベスト

インターネットで「AGA」を徹底的に調べて気がついたことは、「どのようなワードでネット検索しても、最終的にたどりつく1つの終着点がある」ということです。

それが「ヘアメディカル~発毛を専門とする唯一のクリニック~」でした。

自分は「良い毛生え薬」や「髪にいいシャンプー」などから探し始めていたので、そもそも「発毛を病院で治療する」という発想はありませんでした。衝撃を受けたことを覚えています。現在では薄毛治療を専門とするクリニックが他にもできたようですが、当時は治療の「質」を求めるならヘアメディカルということが明確でした。

それと同時に、専門的な治療を受ければ20代のまだハゲきっていない髪をキープすることなら十分可能ではないかという、希望が見出されました。

ヘアメディカルには東京に2つ、大阪、名古屋、福岡に1つ、計5つのクリニックがあり、大阪に住んでいる自分には好都合というのもありました。

ここに行けば、助けてくれるかもしれない!!

料金がネックだった(現在では色々な料金体系あり)

すぐにでも大阪の「脇坂クリニック」に行きたいと思いましたが、当時大学生だった自分には料金がネックでした。

高い。。。

当時は料金プランが複数なく、料金は基本的に3万円/月でした。(ちなみに自分は、1年ほど通ったころから髪が安定したため、通院が2カ月に1回に減り、実質半額になりました。)

大学生にとって、毎月3万円がとぶのは「何も食うな」と言われているようなもんです。発毛治療専門ではない他の病院なら、もう少し安く抑えることもできたので余計に悩みました。

そんなときに想い浮かべたのが、父親の姿です。自分は、リアップを毎日塗りたぐってハゲていった父親を見てきました。小細工では通用しないことを知っていたのです。

絶対に発毛治療を専門とするヘアメディカルを選ぶ方が賢い!と判断し、大学を卒業するまではお金がないため我慢して、就職してから脇坂クリニックに通うという決意をしたのです。

現在の料金体系はもっと安いプラン(単剤処方プラン)もあります。料金の詳細はコチラ
⇒「脇坂クリニック大阪「料金」のウソ・ホントを通院者が教えます!」

就職、そして無料カウンセリングの申込

無事に就職しました。やっとお金が稼げます。

しかし社会人生活がスタートすると、新人としての仕事に追われることになりました。

しんどい。。。

想像以上に最初の1年がきつかったのです。就職すればすぐにでもクリニックに申し込むつもりでしたが、あまりに仕事が大変でなかなかそれどころじゃない日が続きました。

その間にも、仕事の疲れや新人としてのストレスで抜け毛は増える一方。薄毛は進行していきました。

就職して1年が経過し、ようやく1通りの仕事の流れを覚えたところで、再び決意ができました。さあ!!始めよう!!インターネットから「無料カウンセリング」の申込をすると、数日後にクリニックからこんな電話連絡がありました。

スタッフさん
現在、当クリニックは予約でいっぱいの状態でして、待ち期間が6カ月になります。

うそやろ。。。

大阪にあるのに、近くて遠いクリニック。。(昔は小さなクリニックだったので(^_^;))

体験記②に続く
>>「脇坂体験記② いざ脇坂クリニック大阪「無料カウンセリング」へ」