脇坂体験記⑥ AGA対策は「薬」だけじゃない!生活習慣と意識の変化

自分
先生!前髪が増えました!めちゃくちゃ嬉しいです!!
お医者さん
たしかに経過は良好ですが、今は「薬」が効いて髪が生えてきただけです。
この髪を維持するためには、薬以外にもできることがたくさんありますよ。

自分
え。。。どういことですか??

こんにちは(^_^)

半年で増えた髪が、ずっと増え続けるわけではありません。ある程度生えるとストップしてしまいました。そこからは薬を飲み続けるだけではなく、生活習慣を改めて「髪が生える環境」を作ることが大切だと脇坂クリニックで学びました。

体験記⑤までは読んでいただけましたか?
今回の体験記⑥は、脇坂クリニックに通ってからの生活習慣と意識の変化についてです。
今でもずっと続けていることなのでぜひ参考にしてくださいね。

髪が増える夢のような期間は半年で終わった

体験記⑤で書きましたが、とにかく通院してから最初の半年間は髪が生えているのを実感する期間でした。毎日鏡をチェックするのが楽しくて仕方なかったです。特に前髪の生え際と髪質には大きな変化があり、半年が経過するころには、もはや悩むような状態ではなくなったのです。

ところが、髪は増え続けるわけではありませんでした。

半年を経過してから発毛はストップしたのです。髪が増えなくなりました。もちろん減っていくわけではないのですが、ずっと増えていった髪が「はいもうここまでー!」と言うかのようにストップしたのです。

2010年9月18日(初診時。何度見てもやっぱり前髪ズコー!!)

2010年12月23日(3ヶ月後。前髪にいきなり効果あり!毎日がハッピーな時期。)

2011年2月26日(5カ月。髪は生え続けました。心から嬉しかった。。)

2011年4月24日(7カ月経過。まあ安定。髪にコシが出てきた。)

2011年6月25日(9カ月。安定しているものの、増えはしない。

2011年8月27日(11カ月。まあ安定。でももう増えない。。。

この先の5年半(計38枚)の写真もご覧になりたい方はコチラ
>>「23歳から現在も脇坂クリニックに通って若ハゲ対策をしている体験談」

いかがでしょうか?
自分としては経過は良好で大満足していました。半年を過ぎたころから髪が増えなくなったことには気づいていましたが、別にもう髪の量はこのくらいで十分でした。

そんな時にお医者さんに言われたのがこの言葉です。

お医者さん
薬が効いて髪が生えてきただけです。
まだ若いですから薬に頼るだけじゃなくて、「髪に良い生活習慣」にしていくことが大切ですよ。

 「食生活」「睡眠」「ノンストレス」がキーポイント

お医者さんに詳しく話を聞くと、今はまだ若いけれど、当然年をとるほど髪は生えにくくなります。薬で生えた髪を薬で維持するだけでは今後進歩はないということでした。薬はあくまでもAGA対策の1つであり、大切なことは元々髪が抜けた原因をつぶしていくことにあるとのことでした。

具体的にいうと、髪にとってものすごく大切なのが「食生活」と「睡眠」と「ノンストレス」。この3つが充実していると髪が抜けにくいそうです。逆に栄養バランスが崩れていたり睡眠時間が短かったりストレスがたまると、もろに髪に影響するようです。

また、髪は生え変わるものなので「抜けてもいい髪」と「まだ抜けるべきではない髪」があるとのことでした。シャンプーやドライヤーの際など、普段から「まだ抜けるべきでは髪を抜かないように」する意識の積み重ねがとても大切だと教わりました。

クリニックではシャンプーやサプリメントはおすすめしています

大切なのは「食事」「睡眠」「ストレスの無い生活」。

これを整えた上でさらに髪のためにできることとしてクリニックでは「シャンプー」や「サプリメント」をオススメしています。(もちろんですが、売りこんでくるわけではないですよ。買わされたりしないです笑)

脇坂クリニックではシャンプーはスカルプD全種類、サプリメントも何種類も購入することができます。そもそもヘアメディカルグループはスカルプDシャンプーやサプリメントの開発にも携わっているため、院内価格(割引価格)で買えるのです。スカルプDは一本2,500円で買うことができます。買っている人多いですよ。

自分は脇坂クリニック大阪で「AGAプロテイン」というものを買って試しています。

というのも、薄毛・AGA対策と食生活は切っても切れない関係ですが、一人暮らしの食生活はどうしても偏ってしまいます。そこで食生活を補うために、髪に良いプロテインこと「AGAプロテイン」を飲むようにしています。

効果をブログに書いていますので、気になる方はぜひ読んでください。

「薬」以外に自分でできるAGA対策も出来る限りやろうと再確認

もともと、無料カウンセリングや初診のときにも「食生活」や「睡眠」の大切さは聞いていました。実際、最初のころは意識していました。

ところが薬で髪が生えるようになると嬉しくて舞い上がってしまい、調子に乗っていたのです。確かに若ハゲは克服しましたが、今後ずっと年をとってからも髪を維持できるかはわかりません。お医者さんは良いタイミングで助言してくれたのです。

自分が「薬」以外にAGA対策としてこだわり始めたのは内容は

  1. シャンプーをスカルプDに変えた
  2. 洗髪の方法にこだわった
  3. タオルでの髪の拭き方にこだわった
  4. ドライヤーの使い方に注意した
  5. 髪のために何を食べるかを意識した
  6. AGAプロテインで食生活を補った
  7. 毎日6時間は寝るようにした
  8. 常に余裕を持ちノンストレスを心がけた
  9. 頭皮のマッサージを習慣にした
  10. 爪のマッサージを習慣にした
  11. 適度な運動をするよう意識した
  12. ヘアワックスを控え帽子をかぶるようにした

です。自分にできることはやろう!と取り組みました。この1つ1つにどれだけの効果があるのかはわかりません。ひょっとしたら何の意味もないものもあるかもしれません笑

それでもこの12個の意識はもう脳に染み込んでいて、通院して6年半経った今もずっと続けています。ちょっとした意識や積み重ねが大きな差になると信じています。

詳しい記事はコチラ>>「自宅でできるAGA対策~脇坂に6年半通院しながら家でもやってる12のこと~」

通院して1年を経過したころから通院頻度を減らしてくれた!!

ここまで紹介してきたように、通院して半年は髪が増え、さらに薬だけではなく「家でもできるAGA対策」にこだわり始めました。

それでもそれ以上は髪が増えることはありませんでしが、1度増えた髪は減ることなく髪の量・質ともに安定していました。

そして通院して1年と少しが経過したころに、お医者さんにこう言われたのです。

お医者さん
安定してきましたね。頭皮も綺麗です。
一度薬の量を半分に減らして様子を見てみましょうか。通院も2カ月に1回でいいですよ。

想像していませんでした。通院はずっと月1回だと思い込んでいたのです。

今まで毎日飲んでいた飲み薬の量も2日に1回にし、毎日塗っている塗り薬の1度に塗る量を半分にするというのです。そんなことして髪は大丈夫なのでしょうか!?

体験記⑦に続く!!
>>「脇坂体験記⑦ 1年経って料金が半額に!?薬の量と通院頻度を半分にする提案」