AGA治療の「薬の効果と副作用」について脇坂クリニックで医者に直接聞いてみました。

こんにちは(^o^)

自分は23歳からヘアメディカルの「脇坂クリニック大阪」に通院しています。現在30歳ですので通院してもう6年半になります。経過は良好で、満足していますよ。

23歳の頭部写真(2010年9月18日 初診時)
29歳の頭部写真(2017年7月9日 直近の通院時)
通院6年半の全ての写真(計38枚)の推移を見たい方はコチラ
⇒「23歳から現在も脇坂クリニックに通って若ハゲ対策をしている体験談」

このサイトを開設してまだ間もないですが「薬に副作用はないの?」「ヘアメディカルでもらう薬についてもっと知りたい」とのご意見をいただきましたので、診察の際(2017年3月10日)に直接お医者さんにズバッと聞いてきました。

自分
いつも処方してくださる薬について、効果と副作用を教えてください!

たまたま女性のお医者さんだったのですが、ものすごく丁寧に教えてくれました。今回の記事は「ヘアメディカルでもらう薬の効果と副作用」についてです。ぜひ参考にしてください。

自分が6年半ずっと処方している薬はいったい何なのか?

上の写真は、診察の際(2017年3月10日)に実際に自分が脇坂クリニック大阪でもらった薬です(飲み薬2種類、塗り薬1種類)。といっても、自分は通院を始めてから6年半、薬を1度も変更されたことが無いため、いつもと同じ薬です(薬を飲む頻度は2日に1回に減っていますが。)

  1. 飲み薬・・・MO(粉薬)
  2. 飲み薬・・・FC(錠剤)
  3. 塗り薬・・・LE4(液体)

さて、毎回自分がもらうこの3種類の薬はそもそも何なんでしょうか?MOってなに?FCってなに?LE4って??

恥ずかしながら、6年半もの間「いったい何を飲んで何を塗っているのか」全く知らずに服用していました。効果が出ているので気にもしていなかったのです。副作用も感じたことがありませんし。。。

そこで今回の診察でお医者さんに直接、薬について色々質問してみました。

粉薬のMOと塗り薬のLE4の正体はミノキシジルだった!

自分
6年半も通って今さらなんですが、、、僕が使っている薬って、そもそもどういう薬なんですか?
お医者さん
一言でいうと、粉薬のMOと塗り薬のLE4は両方ともミノキシジルですよ。
自分
ミノキシジル!?そうなんすか!?めちゃくちゃ聞いたことありますね。
ていうか僕、ミノキシジルを飲んで、さらにミノキシジルを頭皮にも塗ってるんですか?笑
全然知らんかった。。。
お医者さん
そうですよ。中からも外からもミノキシジルを処方しています。
自分
ミノキシジルってのはどういう薬なんですか?
お医者さん
ミノキシジルの効果はズバリ2つ。

  1. 新しい髪を生やす
  2. 髪を強く太くする

当クリニックではほとんどの方が処方していますし、ミノキシジルによって実際に髪は生えます。人によって違うのは、ミノキシジルを何ミリ服用するかと、服用する頻度です。MOとかLC4とか言っているのはミノキシジルを含んでいる量を表していて、量が変われば薬の名称が変わります。AGAの進行が進んでいる人ほど量が多くなったり毎日服用することになります。

自分
自分は、通院を始めた当初は毎日服用していました。1年くらい通ってからは2日に1回の服用になりましたが。それで料金も半額になったんです。
お医者さん
人によってどのくらいの量と頻度で髪を維持できるかが異なります。髪が増え、増えた髪が安定してきたら通常は薬を処方する頻度を減らします。そのほうが金額的にも助かるでしょ?今は2日に1回の服用で十分に髪が維持されていますね。
あと、症状や金銭面等も考慮して個々のお客さんの要望にも沿います。例えば、今日から薬は3日に1回に減らしたいと言うのであればそれでもかまいませんよ。料金はもっと安くなりますし。ただ、薬の服用を3日に1回にして髪を維持できる人の割合は20%程度です。もし髪を維持できなければもう一度頻度を戻せばまた元通りになりますが。
自分
んーとりあえず、、このままの頻度で続けます(^▽^;)

自分が6年半服用してきた3つの薬のうち、2つがミノキシジルだったとは。。。知らなかった笑

それで髪が生えてたというわけか。。。次はミノキシジルの副作用やデメリットについてもドンドン聞いてみました。

ミノキシジルの副作用とデメリット

自分
ミノキシジルに副作用はないのですか?僕は6年半、一切何も感じないのですが。。
お医者さん
ミノキシジルの副作用は

  • 体毛が濃くなる
  • 初期脱毛が起こる人がいる
  • 動悸が起こる人がいる(AGAが進行しており処方する量が多い人のみ)
  • むくみが発生する人がいる(AGAが進行しており処方する量が多い人のみ)

が挙げられます。これは事実です。

自分
えーそうなんですね。僕は何も感じなかった。。体毛も薄いんですけど。。。
お医者さん
体毛が少し濃くなったという人はけっこう多いです。でも男性の方はあまり気付かれません。女性で敬遠する人がいるのは事実ですね。
初期脱毛は最初に少し抜け毛が増えてから髪が生えるので、むしろ初期脱毛が起こるのは良いのです。
動悸やむくみはまずありません。さっきも言ったとおりAGAが進行している方はミノキシジルを処方する量も頻度も多くなるため、そのような方の中にごく稀に動悸やむくみが出たというお客さんもいます。その場合は薬の量を減らせば良いんですけどね。
自分
なるほど。
他にミノキシジルのデメリット等ありますか?
お医者さん
ミノキシジルの最大の弱点は、止めたら髪がまた抜けるということです。ミノキシジルで増やした髪を維持するには、半永久的にミノキシジルを処方し続けることが必要です。
人によって髪を維持するのに必要なミノキシジルの量・頻度が異なりますので、髪の量が増えて安定すればできるだけ少ない量・頻度で髪を維持することが大切です。

錠剤のFCの正体はプロペシアだった!

自分
じゃあ先生、もう1つの飲み薬、FCはどんな薬なんですか?
お医者さん
錠剤のFCは一言でいうとフィナステリドです。
自分
フィナステリド??聞いたことあるようなないような。。。
お医者さん
プロペシアなら聞いたことありませんか?プロペシアと思っていただいても結構ですよ。
自分
あ、プロペシアなら聞いたことあります!!プロペシアってどんなお薬でしたっけ?
お医者さん
プロペシアはお薬の名前で、その主成分がフィナステリドなんです。
プロペシアはミノキシジルと違って髪の毛を生やす力はありません。その代わり今ある髪を維持する、つまり抜け毛を減らす効果があります。
お客さんのAGAの進行度や金銭的な面を考慮して処方する量や頻度が変わることはミノキシジルと全く同じです。お客さんの中には、最初からミノキシジルを使わず、予防のためにプロペシアだけの処方をされる方もいますよ。もちろん料金は安くなりますし。

自分が処方していた3つ目の薬の正体は、プロペシアでした。
ミノキシジルとプロペシア。。。有名な2つの薬をクリニックで処方されていたとは知らなかった。。。

プロペシアの副作用やデメリットについてもお医者さんに直接聞いてみました。

プロペシア(フィナステリド)の副作用

自分
プロペシアにもやっぱり副作用はあるんですか?
お医者さん
プロペシアを処方しているうちのお客さんでは1,000人に1人~2人の割合で精力が低下・性欲が減退する人がいらっしゃいます。
確かにプロペシアの副作用で精力が低下するという副作用は確認されているのですが、この場合プロペシアの服用をやめれば精力はもとにもどります。これまでの患者さんの中には、子どもが欲しいときだけプロペシアの服用をストップされた方もいらっしゃいました。

自分
1,000人に1人~2人ならほとんどの患者に副作用はないんですね。

お医者さん
クリニックでは初診時にたくさんの問診票(アンケート)を書いたり半年ごとに必ず血液検査を実施してるでしょ?患者さんに薬が服用できるか、薬が合っているかをチェックしているからほとんどの患者さんに副作用は出ないんですよ。

自分
なるほど。プロペシアって副作用が強いというイメージがなんとなくありますが。

お医者さん
そうなんです。インターネットで個人輸入したり、誰かが個人輸入したものを安く買って服用される方の多くが副作用を訴えてるんですよ。プロペシアが何ミリ入っているかもわからず服用してED(勃起不全)になる方も多いようです。医者としては絶対勧められません。まあでも、薬をやめれば元通りにはなりますが。

自分
なるほど。
精力減退、性欲の低下。。。。僕、全く副作用ないですね笑
お医者さん
そうですか。何よりです笑(*^.^*)

インターネットで薬を安く買うことについて、もう少しつっこんで聞いてみました。

ネットでもミノキシジルとプロペシアが買えるのでは?

自分
先生。今回初めて、自分にずっと処方されている薬がミノキシジルとプロペシアだと知りました。正直もっとクリニックでしか手に入らないような薬なのかと思ってたのですが、、ネットとかでも買えますよね?
お医者さん
買えますが、ネットでの購入はオススメはしません。特に中国などからの個人輸入は絶対に避けてと言いたいです。
ミノキシジルにしろ、プロペシアにしろ、クリニックでは患者さんごとのAGAの進行度や症状、改善状況に応じて量や頻度を決めています。頭皮に湿疹ができていないか等も毎回確認します。患者さんごとにベストな薬の量と頻度を決めることが我々の大きな仕事です。自分で判断できるものではないですし、そもそも薬自体が信頼できないものであればリスクが高いです。長い目でみれば安く髪を維持するのは難しいのが現状です。
金額的に厳しいという方も多いですが、それなら皮膚科に一度相談してみる方がいいです。皮膚科にミノキシジルは通常ないですがプロペシアなら適切に処方してくれますからね。ネットでの個人輸入に切り替えるのはダメですよ!!

自分
は、はい。というか僕はここで効果が出ているので可能な限り続けます。ずっと増えた髪が維持できているので、薬の頻度を3日に1回に減らすかだけもう少し考えておきます。
先生、ご丁寧に回答していただいてありがとうございました。

最後に~医者の指示のもと薬を処方することが大切~

以上、2017年3月10日の通院の際に、薬について直接お医者さんにした質問と回答について紹介させていただきました。いかがでしたか?

やっぱりAGA治療の「薬」の基本は

  1. ミノキシジルで発毛を促進させて
  2. プロペシアで今ある髪を維持する

ことのようです。ミノキシジル、プロペシアそれぞれに副作用やデメリットが存在することは事実ですが、お医者さんの指示や検査のもとクリニックで正しく処方されている分には何も恐れることはないという印象です。安心しているからこそ、自分もこれまで何も考えずに飲んでいたのだと感じました。

また、薬の個人輸入は避けるべきと強く言われました。考えてみれば発毛のためとはいえ、「薬」を個人で輸入するってやっぱり怖いですよね。普通に考えて。。。

以上のことを踏まえ、またこれまでの自分のAGA治療の効果も考えると、やっぱりAGA治療は専門のクリニックに通って行うのが賢明だと感じました。クリニックは他にもあるとは思いますが、お医者さんだけでなく、看護師さんやスタッフさんがいつも丁寧に対応してくれるヘアメディカルはオススメできますよ(^^)

また自分は23歳という若さで早めに通院する決断をしたために、薬の量が少なくて済み、何一つとして副作用を感じなかったのだと思います。若いときからクリニックでAGA治療を始めて本当によかったと思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
今、薄毛に悩んでいる方やAGA対策を検討している方にとって少しでも参考になれば幸いです。

ヘアメディカルには全国に5つのクリニックがあります >>公式サイトはこちら