23歳から脇坂クリニックに通院して薄毛・若ハゲ対策をしている体験談

今、薄毛や抜け毛、若ハゲに悩んでいる方へ。

これは、自分が23歳の時の頭部写真です。

(2010年9月18日 クリニック初診時)

自分は中学生のころから、将来は間違いなくハゲるだろうとを自覚していました。家族・親戚、どこを見渡してもハゲしかいなかったからです。自分の髪の毛も、細くて弱々しいものでした。

そんな家系で育ったからか「みすみすハゲてたまるか。ハゲたら人生終わる。」という気持ちが芽生え、その気持ちがどんどん強くなりました。

20歳から抜け毛が増え、23歳の時に下した決断が「早めにクリニックに通う」ということです。

「まだある髪の量を増やす」ほうが、「ハゲきってから生やす」よりは簡単だろうと判断したからです。

現在30歳。髪の毛は、、、、あります。若ハゲは克服しました。
(2018年6月29日撮影)

以下では、ヘアメディカルの大阪院「脇坂クリニック」に通院して髪の毛を維持している、現在進行形の体験談を書いています。

7年以上にわたる頭部の写真推移もすべて載せています。完全リアルな結果です。若ハゲだけでなく、髪に悩むすべての方に、少しでも参考になれば幸いです。

全国の院で、料金やシステムは同じです。
ヘアメディカルのクリニックは東京、大阪、名古屋、福岡にあり、それぞれ院名が異なります。自分は大阪院である「脇坂クリニック」に通っていますが、システムや料金はどの院も同じです。ぜひ参考にしてください。

「公式HP」が見たい方はコチラ>>

ハゲ家系の血。遺伝から逃げることはできませんでした。

冒頭でも少しふれましたが、まず自分の家族を簡単に紹介させていただきます。

  • 父親が若ハゲ。物心ついたときからハゲてました。リアップをずっと使っていましたが、前方からもてっぺんからも同時に容赦のない脱毛が進んでいました。
  • おじさんはズルむけ。父親より一歩先を行く進行具合で、後ろから見ないと髪の毛は確認できませんでした。
  • 兄はスカスカ。長男として、先祖からの血をしっかり引き継いだ薄毛です。
  • おじいちゃん達は、もう言葉にできません。

つまり、確認できる家系が全員ハゲていたのです。どうして自分はハゲないでしょうか?遺伝により、自分も確実にハゲるだろう。子どものころからずっとそう感じていました。

実際に自分の髪の毛は細くて弱々しいものでした。

似たような状況の方は意外と多いのではないでしょうか?

20歳を超えると抜け毛が増え始めました。

20歳を超えたころから、とうとう自分も抜け毛が増え始めました。特にお風呂で抜ける髪の量が増えました。

自分にも時が来たのです。

抜け毛や薄毛を意識し始めるともう気になって仕方なく、悪循環に陥ります。

いやだ。いやだ。ハゲたくない。終わりたくない!!大学に通いながら、インターネットで「AGA」について検索する日々が続きました。

なぜ脇坂クリニック(ヘアメディカル)を選んだか

2010年当時、インターネットでAGAについて調べていくと、どんな経路で調べてもたどりつく「1つの終着点」があることに気が付きました。

「ヘアメディカル 発毛を専門とする唯一のクリニック」です。

現在では発毛を専門とするクリニックは他にもできましたが、当時、最良の治療はヘアメディカルだとはっきりわかりました。

値段が高いという口コミも多く、もちろん悩みましたが、それでも選んだ決め手は大きく3つです。

脇坂クリニック(ヘアメディカル)を選んだ決め手
  • 発毛(薄毛治療)を専門としているという安心感があったから
  • 人生がかかっているのでお金をけちるべきではないと思ったから
  • どれだけ調べてもクリニックの評判が高かったから

ヘアメディカルは東京、大阪、名古屋、福岡にクリニックがあり、自分は大阪の「脇坂クリニック大阪」を選び今も通い続けています。土日が開いているので通いやすいです。

脇坂クリニックの評判

通い続けているからこそはっきり言えることですが、ものすごい患者数です。評判は高く、実績も間違いありません。

自分が通い始めたころは「脇坂中津クリニック」という名前の小さなクリニックでしたが、2011年に場所を梅田の大きなオフィスビルに移転し「脇坂クリニック大阪」として大拡大しています。

より詳しいクリニックの「評判」はコチラ>>

<追記>
さらに2018年2月からは、女性患者だけが「脇坂ウィメンズヘルスクリニック」として独立しました。それまでは男女同じフロアでしたが、女性患者も多くなり、女性が別フロアに独立したのです。

それにより、脇坂クリニックは男性専用のクリニックとなり、規模もさらに拡大しました。

頭部写真の推移を大公開!!

ではまず、これまでの頭部写真の推移を紹介したいと思います。

脇坂クリニックでは2カ月に1度は「頭部の写真撮影」をすることになっていますが、クリニックに依頼して初診からこれまでの自分の「頭部写真」を入手することができました。(すごく枚数が多いです。)

2010年9月18日(初診時。前髪アウトの若ハゲ。。)

2010年12月23日(前髪にいきなり効果あり!)

2011年2月26日(想像以上。心から嬉しかった。。)

2011年4月24日(髪にコシが出てきた。頭頂部は単なる寝癖です)

2011年6月25日(やっぱり髪質が変わってきた)

2011年8月27日(1年弱でもう安定しました。若ハゲじゃない!)

2011年10月30日(安定。オシャレ眼鏡とか始めてもうてますね。。)

⇩髪が増えたので、ここからは薬の量を半分(もちろん料金は半額)にする維持療法に変化しました⇩

2012年1月21日(薬を減らして髪を維持することが重要です。)

2012年3月17日(通院も2カ月に1度に減りましたが、髪の量は安定です。髪型はダサい。)

2012年5月11日(薬を減らしても髪は減ってない。大丈夫そう。)

2012年7月8日(ずっと安定です)

2012年11月11日(なんとかキープ!薬の量、通院は当初の半分のままです。)

2013年1月11日(2013年がスタートしました。耐えろ!!)

2013年3月8日(ちょっと減ってきましたね。)

2013年7月6日(なんとか耐えています。)

2013年8月31日(キープキープ!!耐えろ!!)

2013年10月26日(3年が経過しました。もう髪に対する不安も特に無くなりました。)

2013年12月21日(食生活や睡眠も気をつけています。)

2014年2月15日(2014年も髪の量をなんとかキープです。)

2014年4月26日(ちょっと減ったか?変化がないことが一番。)

2014年6月29日(んーまあまあいいですねー!)

2014年8月31日(治療を始めて約4年です。もう特に髪のことを考えていません。)

2014年10月30日(髪質もいい感じです。)

2014年12月21日(安定。問題なし!!写真撮るとき下向いとけよ!)

2015年6月25日(仕事の都合で通院できていませんでした。そんな時は電話診察で、薬は郵送してくれます。)

2015年8月30日(治療を始めて5年。28歳も髪はあります。)

2015年11月1日(このころからまた増えた気もする

2016年2月27日(2016年スタートです。)

2016年4月30日(同級生より髪多いですよ)

2016年7月10日(治療から約6年。人生で1番モテた夏。)

2016年11月10日(問題なし。安定しています。)

2017年1月7日(2017年も髪は維持できています!)

2017年3月10日(減ってません。いい調子です。)

2017年5月12日(絶好調!)

2017年7月9日(30歳も髪はあります!!)

2017年9月3日(変わらずずっと安定です。)

2017年10月27日(変化なし。髪モサモサ多いです。)

2017年12月24日(髪の量は安定して多いです。)

⇩院長先生と相談し、薬をフィナステリドからデュタステリドへ変更。料金は半額のまま、より積極的な発毛を目指しました。⇩

2018年2月25日(デュタステリドに薬を変えてさらに増加!)

2018年4月29日(好調が続いています)

 左(上):2010年9月18日(初診時)  右(下):2018年6月29日(最新版)
 ⇨ 

管理人
以上が自分の結果です。
クリニックは「東京、大阪、名古屋、福岡」にありますので、気になる方はぜひ「公式HP」をチェックしてみてください。

「公式HP」はこちら ⇨http://hairmedical.com

ご覧のように、最初の半年で髪がババッと増え、髪質も変わりました。薬を減らしてからは少し不安定な時期が続きましたが、だんだんと安定し、増えた髪をずっとキープしている状態です。(写りの問題もあります)

なお、日付が飛んでいるところは、自分の都合で通院できず電話診察のときです。

効果がすぐに出た1番の要因は「若さ」だった

半年でババっと髪が増えたとき、お医者さんに話を聞くと

お医者さん
若い方が効果が出るのが早いんですよ。年配の方で、髪が抜け落ちてからクリニックに来る方も多いですが、元に戻すにはある程度時間がかかります。若い方が細胞も元気ですし、薬の量も少なく済むので、料金も安くなることが多いです。

とのことでした。

「クリニックに通うにはまだ早い」と思っている方。それは間違いです。

「AGA対策は、できるだけ早くから始めることが成功の鍵であり、このサイト最大の主張です。ぜひ以下の記事も参考にしてください。

>>病院で薄毛治療を20代から始めて体感した6つのメリット

実際に、最初の1年は「月1回の通院」でしたが、早い段階で髪が安定したため1年経過した時にお医者さんから

お医者さん
順調に髪が増え、量も安定してきたので、薬の量を半分に減らして様子を見てみましょう。通院も2ヶ月に1回でいいですよ。

と提案され、そこからは現在にいたるまでずっと2カ月に1度の通院です。薬の量も当初の半分です。

もちろん、月に1回通院していた時に比べて「料金は半額」になりました↓↓↓

脇坂クリニック(ヘアメディカル)に支払っている料金

上の写真は、脇坂クリニック通院時の実際の領収書です。自分は、この金額を2カ月に1度支払っています。

ヘアメディカルでは、最初は全員月1度の通院なので、自分も月に1度この金額を支払っていました。1年が経過し2ヶ月に1度の通院となってからは、料金は変わらず支払いの頻度が半分になるため、実質、当初の半額になったのです。

月換算すると、1ヶ月16,000円程度ですね。内訳は以下の通り。

  • 診察料金・・・31,000円/2カ月(薬代込み。2カ月に1度の通院の都度払っています)
  • 文書料・・・50円/2カ月(印刷代です。自分は診察の際の頭部写真を毎回印刷してもらってます)
  • 血液検査代・・・3,000円/6カ月(半年に1度の血液検査代です。会社や健康診断で受けていれば必要ないです)

この料金でハゲの人生から解放されたので、正直全く高いと思っていません。月16,000円なら、今後も全くやめる気になりません。

脇坂クリニック(ヘアメディカル)の料金の特徴

ヘアメディカルグループの料金の特徴は「診察の際にその分の診察料金を支払う」ことです。

他のクリニックでよくある、前金や医療ローンは一切ありません。一括で先に払うわけではないので、良い意味で、途中でやめやすいシステムで親切です。自分は毎回クレジットカード払いしています。

なお、診察料金は人によって全然違います。自分の診察料金31,000円はかなり高い方です。1番高い人で32,000円ですので、自分は高い方です。診察料金は約10,000円~32,000円とプランや治療方法によってかなり差があります。

また、今では安いプランも用意されており、自分に合ったプランを選ぶことができます。

料金をより詳しくまとめた記事はコチラ>>

AGAの治療薬について~副作用はあるのか?~

脇坂クリニックの治療では、血液検査の結果に基づいて、飲み薬と塗り薬(発毛剤)が処方されます。

そもそもAGAの治療薬は大きく3つです。

AGA治療薬の種類
  1. 発毛を促進するミノキシジル(飲んでよし塗ってよし)
  2. 抜け毛を減らすフィナステリド(飲み薬)
  3. 抜け毛を減らすデュタステリド(より新しい飲み薬)

全て、商品名ではなく「成分名」で書いています。(例えば有名なプロペシアは、フィナステリド成分を含む薬の商品名です。)

自分も3つの薬全てを処方してもらっています。

AGA治療薬の副作用

AGA治療薬は、それぞれに副作用のリスクががあります。

AGA治療薬の副作用
  1. ミノキシジルの主な副作用・・・体毛の増加、初期脱毛、むくみ、動機、不整脈等
  2. フィナステリドの主な副作用・・・精力低下、性欲減少、勃起機能障害
  3. デュタステリドの主な副作用・・・フィナステリドと同

実は少量だとリスクは極めて低いのですが、飲む量を誤ったり、自分に合っていない薬だと症状が出ることがあるそうです。

ちなみに、自分は副作用を感じたことは1度もありません。何1つないのです。もし何か出てきたら追記します。体毛は昔も今も普通です。性欲は昔も今もバッチリあります。

<追記>
2017年12月からミノキシジルの量を増やしたことで、初めて体毛、特に指の毛が増えてきたことを感じました。

詳しくはコチラ⇨【副作用】ミノキシジル量を増やすと「指毛」が増えてきました(写真有)

AGA治療薬の入手方法について

実は、自分のようにAGAクリニックに通わなくても、治療薬の入手方法は他にもあります。正直言って、クリニックに通うよりもはるかに安く入手する方法もあります。

参考⇨AGA治療薬の入手方法を料金の安い順にまとめました。

ですが自分は、AGAの治療薬は医師から処方してもらうことを絶対にオススメします。

海外から安く輸入するなどの方法は、そもそも薬自体が信頼できるか疑問です。

信頼できる薬を、血液検査に基づいた医師の指示に従って飲むのは、やはり効果も安心感も格段に高いと痛感しています。

なぜ育毛剤を使わなかったか〜育毛剤では効かない〜

自分は、クリニックに通う前、育毛剤は一切使いませんでした。

そんな小手先で髪が生えるはずがないと思ったからです。父親は発毛剤であるリアップを使ってもダメでした。医薬品のリアップでも生えなかったのに、医薬部外品の育毛剤で髪が生えるはずないと判断したからです。

AGA治療は、生涯にわたって頭髪と向き合うことが大切です。「とりあえず育毛剤で様子を見る」と短期的な視点で考えるのは、時間とお金の無駄だと感じていました。

実際に、クリニックでの治療に「育毛剤」は一切使いません。

現在、市販の育毛剤を使っている方はショックかもしれませんが、お医者さんは「育毛剤は人間には効かない」とはっきり言ってくださいます。

育毛剤が人間には効果がないことを脇坂クリニック院長が暴露>>

脇坂クリニック(ヘアメディカル)での治療内容

さて、クリニックでは一体何をしてもらえるのでしょうか?

自分が実際に脇坂クリニック大阪で体験したことを「初回からこれまで、どのような処方で治療が受けられるのか」ということに絞って紹介していきます。

まずは無料カウンセリングを申し込みました。

まず自分は、インターネットの公式HPから「無料カウンセリングの申し込み」をしました。クリニックに通うかどうかを迷っている方は、最初に無料カウンセリングを受けることができるのです。

実は、2010年当時は、まだクリニック自体が小さかったので、申し込んでから実際のカウンセリングまで6カ月待ちでした。

現在は、クリニックの規模がはるかに拡大したため、申込から実際のカウンセリングまでの待ち期間は1カ月もかかりません。

無料カウンセリングの内容

カウンセリングは若くて綺麗なスタッフさんがしてくださり、内容は以下のとおりでした。

  1. 問診票(アンケート)を記入し現状の確認
  2. 治療内容やシステム、料金についての説明

問診票の質問は100問以上あったと思います。

こんな多いの!?と思いましたが、その結果、自分の抜け毛の原因は遺伝だけではなく、「食生活」や「ストレス」「睡眠時間」なども大きく影響している可能性があると言われました。また、症状が悪化してから治療するよりも、今ある髪を守りつつ増やして行くほうが効率的だと教わりました。

最初は、髪の悩みを女性に話すのは気が引けると思っていましたが、予想以上にフランクな雰囲気で、雑談も交えながら楽しく会話をする感覚でした。(美人でしたし。。)堅苦しい雰囲気や居心地の悪さは感じませんでした。

料金や治療の流れも丁寧に説明してくれます。今では複数の料金プランが準備されていますが、当時は基本的に月3万円でした。自分はまだ新入社員だったこともあり、やっぱり高いなーという印象を受けました。

勧誘等は一切なく、実際に診察を申し込むかどうかは、家に帰ってじっくりと考えていいと言われたので、その場では結論を出しませんでした。

無料カウンセリングは「公式HP」から申し込みできます>>

料金を安く抑えるには??
現在の料金体系は、1人1人患者ごとに違います。
金額を重視したプランもありますので、無料カウンセリング時に「この予算で考えています」とはっきりと伝えておくことは得策です。

続いて「初診」を電話で申し込みました。

無料カウンセリングの後、通院するかどうかをもう一度数日間考えました。

自分の場合、「ほっといたら確実にハゲる」と自覚していましたし、既に抜け毛も増え始めていたので、意を決して電話で初診申し込みをしました。

前金や、医療ローンがない料金体系だったので、もし効果がなかったら辞められるというのも決断を後押ししました。無料カウンセリングで実際にこの目でクリニックの雰囲気を見れたのも、安心感につながりました。

初診の内容

初診では、

  • 頭部写真の撮影
  • 写真とスコープを見ながら、専門医師の診察
  • 血圧、血液検査

がおこなわれます。診察や検査は全て個室で行われますので人からは見えません。

まずは頭部の写真撮影です。自分の初診時(2010年9月18日)の写真はこちらになります。(何度もすいません)

正直、この写真を見たときは「マジか。。」と、自分でも驚きました。前髪を全部上げると、23歳でこんなにも進行しているとは思っていなかったのです。恥ずかしくてちょっと笑った覚えがあります。

写真だけではなく、専門医師の方が実際に頭皮を見てくださいます。スコープを使い自分の頭皮がモニターに映し出されます。

「1つの毛穴から2、3本の髪が生えていること」「自分の場合、前髪は後髪より何倍も細いこと」を初めて知りました。

血圧検査や血液検査は、薬を飲んでも大丈夫かを判断するために行います。

次は再診です。

血液検査の結果が出るのに1週間ほどかかるため、1週間後もう1度クリニックに行くことになります。これが「再診」です。

無料カウンセリング、初診、再診と、短い期間に3回もクリニックに通ったのを覚えています。こんなに連続で行くのは、最初だけです。

再診の内容

再診では、血液検査の結果や頭皮の診察の結果、さらに問診票の結果に応じた「処方する薬」の説明を受けます。

ちなみに、自分が処方された薬の写真はこちらです。(飲み薬2種類と塗り薬1種類)

処方されたAGA治療薬の内容

・MO(ミノキシジル3mg・亜鉛類)
・FC(フィナステリド1mg)
・LC4(ミノキシジル4%塗り薬)

<追記>
2010年9月から通院を始め、長い間薬の内容は一切変わりませんでしたが、2017年12月から、新しい薬に変更しております。詳しくは以下の記事で書いています。

>>脇坂クリニックでもらう薬が「デュタステリド」に変更しました!

いよいよ通院スタート

そこからは、基本的に月に1度の通院となります。どうしても行けない月は医師と電話で話す電話診察が可能です。その場合、薬は郵送されます。

また、結果が出てくると通院の頻度が減ります。繰り返しになりますが、自分は最初の1年は、月1度の通院で、そこから6年は2ヶ月に1度の通院です。なにより金額負担が半分になるのがありがたかったです。

通院の内容は

  • 血圧検査(毎回)
  • 写真撮影(2カ月に1度)
  • 専門医師の診察と薬の処方(毎回)
  • 血液検査(半年に一度)

です。毎回30分ほどで全て終わります。昔は毎月リンパに超音波を4分間当てるという治療もしていましたが、なぜか無くなりました笑

実際にクリニックに通うようになると、気持ち的にも髪を生やそうと前向きになるため、「薬」だけではなく「食生活」や「睡眠」、「運動」、「シャンプーやタオルの拭き方」などにも気を配るようになります。そういった意識もものすごく大切だとクリニックで教わりました。

来院予約はコチラからできます>>

その他~クリニックではスカルプDを院内価格で買えます~

ヘアメディカルグループは「スカルプD」の開発にも携わっているため、シャンプーはスカルプDをオススメされました。薬だけではなく髪の毛にいいサプリメントやプロテインも院内価格(割引)で買うことができます。

自分も長い間、スカルプDのオイリータイプシャンプーとパックコンディショナーの2種類を使っていました。クリニックのお医者さんが開発したものなので、通院者は買っている人が多いです。

ちなみに、自分でたくさんの育毛シャンプーを実際に試して、今は「アデランス・ヘアリプロシャンプー」を利用しています。

シャンプーは毎日利用するものですし、頭皮環境を整える対策として重要です。髪が生える頭皮環境じゃなければ何をしても無駄です。ちゃんとした育毛シャンプーを使えば、市販のシャンプーとの感覚の違いに驚きます。例えばスカルプDは洗い落したとき指が通らないくらいパリッとするのが特徴です。自分は出張先にも必ずマイシャンプーを持って行っています。

サプリは買ったことがありませんが、「AGAプロテイン」は評判が高いので脇坂クリニックで購入して毎日飲んでいます。

どんな人が通っているか~みんなハゲてる?年齢層は?女性は?~

脇坂クリニックの客層には、あまり偏りがありません。

今では女性は「脇坂ウィメンズヘルスクリニック」として別フロアで独立したため、女性患者は一切いませんが、比率的には女性患者は全体の2割です。

脇坂クリニックの客層(女性含む)
  • 男性8割、女性2割程度
  • 男性の年齢は20代~40代が多い(男性の年齢はどの層もほぼ同じくらいのバランス)
  • 女性は40代、50代が多い
  • めちゃくちゃハゲている人は少ない
  • 全然ハゲてないように見える人もかなり多い(おそらく自分もその一人)
  • オシャレなお兄さんや、カッコイイおじ様も多い
  • 円形脱毛症の方も(保険適用で治療可能)

客層はこのような感じです。診察や検査は全て個室ですが、診察を待っている時間は他の患者さんの顔(現在は同性のみ)が見えます。

もちろん患者同士の会話等はありませんが、クリニックがとても明るく開放的な空間になっていて、居心地の悪さはまったく感じません。(テレビや雑誌、ウォーターサーバーが置いてあります。上の写真は実際の脇坂クリニックです。)

参考⇨「脇坂クリニックの客層を通院者が語る~年齢は?ハゲ具合は?女性は?〜」

脇坂クリニック(ヘアメディカル)では「円形脱毛症」の治療にも力を入れています

自分はAGA、いわゆる男性型脱毛症の治療で脇坂クリニック大阪に通っていますが、実はヘアメディカルグループではAGA(男性型脱毛症)だけではなく、円形脱毛症の治療にも力を入れています。

男性、女性問わず、近年円形脱毛症に悩む方がものすごく多く、ヘアメディカルの東京院(メンズヘルスクリニック東京)では「円形脱毛症専門外来」を新たに開設しました。「頭髪の治療の実績」をもつ「皮膚科医」が診察をしてくれるので、「髪」と「皮膚」両方の観点から総合的な治療ができます。

ヘアメディカルでは、まずは患者の円形脱毛症の原因を特定し、患者のストレスを取り除くことが全ての治療のスタートとの考えています。症状や既往歴などをみて、専門の医師がご本人と話し合いながら総合的に治療方針を決めていきます。

ヘアメディカルの円形脱毛症患者はは、AGA(男性型脱毛症)患者に比べて、短期間で完治してしまう方がほとんどのようです。皮膚科にいくよりおすすめですよ。

円形脱毛症の原因やクリニックでの治療内容はコチラ>>

最後に~20代からヘアメディカルでAGA治療を受けてよかった~

これは100%正直な気持ちです。自分は、23歳のときに脇坂クリニックに通う決断をして心から良かったと思っています。人生で最高のナイス判断だったと思っています。ずっと髪を維持できているのです。

髪の毛は「顔」ですから、相手に与える印象に直接的に影響します。本当によかった。現在30歳、毎日楽しいです。仕事も恋愛も楽しいんです。中学の同級生の美容師によく髪の毛を切ってもらっていますが、同級生の中でも髪が多いと言ってくれます。(上写真。誰がどのくらいハゲたかで盛り上がります笑)

最後に伝えたいことは、やはり「AGA治療は早くから取り組むことが成功のカギ」だと感じます。

脇坂クリニックには「ハゲていない人」も多く通っています。半分くらいはそうです。一旦髪を増やし、その髪をキープするために通っているのです。自分の場合、23歳という若さで対策したことが功を奏しました。若さもあり、まだそこまで抜けていなかったためすぐに効果が出たのです。それからは薬の量を減らしても出来る限り増えた髪を減らさないよう一定にキープしています。

今、抜け毛や薄毛に悩んでいる方は、できるだけ早くAGA治療に取り組むことをオススメします。

金額的な不安要素もあると思いますが、今ではたくさんの料金プランが準備されています。自分にはどれだけの費用がかかるのかを知るためにも、まずは無料カウンセリングで1度話を聞いてみてください。

無料カウンセリングは公式HPから申し込みできます。
>>ヘアメディカル「公式HP」

髪に悩む全ての方にとって、少しでもお役に立てますように。最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

20代からのAGAお役立ちコンテンツ

以下、抜け毛や薄毛に悩んでいる方は、当サイトのコンテンツもお役立てください。

脇坂クリニック体験記
当サイトのメインコンテンツです。ヘアメディカルグループの脇坂クリニックに23歳から通い続けている体験記を全10回にわたり書いています。無料カウンセリングの申し込みから、実際にどのような診察をされるのか、効果はいつから出始めるのか等、ぜひ参考にしてください。

脇坂クリニック情報(ヘアメディカル情報)
実際に通っているヘアメディカルグループのクリニックについて、リアルな情報を書いています。料金について。薬について。客層について。女性も通いやすいか?といったところを、通院しているからこそわかる視点で書いています。

ハゲ対策
これ以上抜け毛を増やさないためにはどうすればいいか。AGAクリニックに通っていること以外にも自分が気を使っている抜け毛予防のための食生活、生活習慣、ストレスを溜めない方法など紹介しています。

管理人ブログ
私のブログです。実際に育毛シャンプーを6種類比較したり、AGAプロテインで筋トレしたり、薄毛に対するぶっちゃけた思いを書いたりしています。楽しみながら参考にしていただければと思います。

ハゲあるある
息抜きです。サイトをポップにしたいと思い、ハゲあるあるを書いてます。

ヘアメディカル公式サイト
自分がずっと通っているAGAクリニックの公式サイトです。全国に5つのクリニックがあります。自分は23歳から通院を始めたことが功を奏しました。やはりできるだけ早くクリニックに通うことがおすすめです。自分にはどのくらいの料金がかかるの?治療内容は?今の髪の状況は専門的にどう?と気になる方は、まず無料カウンセリングに行って話を聞いてみてください。