【抜け毛の観察】してますか?細くて短い抜け毛はAGAの可能性大です。

洗面台や枕元にある「抜け毛」を見て、不安になる方は多いでしょう。

でも、どこまでが「正常な抜け毛」で、どこからが「AGA」なのでしょう?

実は、自分の抜け毛を観察することではっきりします。

管理人
こんにちは。
自分は、「ヘアメディカル」の大阪院、「脇坂クリニック」に通いながら、AGAに関する情報をサイトを通して発信しています。自分の効果はコチラです↓↓

2010年9月18日撮影 23歳
脇坂クリニック初診時生え際写真2019年6月27日撮影   31歳全ての写真がご覧になりたい方はコチラ
⇨23歳から脇坂クリニックに通院して薄毛・若ハゲ対策をしている体験談

さて、この記事は「なんとなく抜け毛が増えてきた」と感じている方に向けて書いています。

その抜け毛が、正常な抜け毛なのか、AGA(男性型脱毛症)なのかを判断することは重要です。もしAGAなら、今後薄毛はどんどん進行していくからです。

まずは自分の抜け毛を観察してみましょう。

細くて短い抜け毛が多い人はAGAです。

抜け毛に悩む方は、自分の枕元にある抜け毛を観察してみてください。洗面台に落ちた髪でも構いません。

まず「細くて短い毛」が多ければアウト。AGA(男性型脱毛症)と考えられます。逆に、長くてしっかりした毛なら、今のところ心配しなくてもいいでしょう。

また抜け毛の根元である毛根も見てみましょう。

「毛根が小さい」抜け毛が多いとアウト。AGAです。逆に、抜け毛の毛根がふっくらと膨らんでいるなら心配いりません。

管理人
自分も、抜け毛の中に弱々しい細い毛がないか、いつも気にしています。

「抜ける本数」ではなく「抜け毛の質」を見る理由は、以下で紹介していきます。

ヘアサイクルとAGAの関係を知ろう!

髪の毛には寿命があり、一生抜けない毛はありません。寿命を迎えた髪の毛が抜け、生え変わるのは自然なことで、1日80〜100本程度の抜け毛であれば心配ありません。

100本と聞くと、多く感じるかもしれませんが、人間の髪の毛は約10万本生えていますので、10万円入っている財布から100円だけ支払うようなものです。

髪の毛は、抜けた毛が新しい髪に生え変わるというヘアサイクル(毛周期)を繰り返すことで一定の毛髪量が保たれています。つまり、抜けた分が新たに生えていれば毛髪量は減らないということです。

また、ヘアサイクルは「成長期」と「退行期」と「休止期」の3つの段階からなっています。

「成長期」

髪の「成長期」の期間は通常、2〜6年です。

成長期は、新しい髪が太く長く成長する期間です。この期間は毛根にある細胞「毛母細胞」の細胞分裂が活発です。成長期の初期の髪の毛はやわらかい軟毛ですが、徐々に成長し、固く太い毛に育ち伸び続けます。

ちなみに、成長期は2〜6年と長いので、「早期成長期」、「中期成長期」、「後期成長期」と3つに分けられることもあります。

「退行期」

成長期が終わると「退行期」にうつります。退行期の期間は通常、約2週間です。

退行期に入ると、毛根にある細胞「毛母細胞」の分裂が衰え、髪の毛の成長が弱まります。

「休止期」

退行期が終わると、最後は「休止期」です。休止期の期間は通常、3〜4ヶ月です。

休止期になると、毛母細胞の分裂は完全に止まってしまいます。これが髪の寿命です。寿命を迎えた髪の毛が抜けてしまうとともに、休止期は次の「成長期」への準備期間となります。

1本1本の髪の毛は、通常この「成長期」と「退行期」と「休止期」のサイクルを繰り返しているのです。

頭皮に生えている髪の毛は「成長期」が大半

髪のヘアサイクルである「成長期」と「退行期」と「休止期」の期間に注目してみましょう。

成長期は2〜6年。退行期は約2週間。休止期は3〜4ヶ月です。つまり、今自分の頭皮に生えている髪の毛は、ほとんどが「成長期」ということがわかります。

AGAは「成長期」を短くする

さて、ここまで解説したヘアサイクル(毛周期)のバランスが崩れるのがAGA(男性型脱毛症)です。

AGAの人は、通常2〜6年ある髪の「成長期」が数ヶ月〜1年で終わってしまうのです。

つまり、通常なら2〜6年かけて成長した髪が「退行期」、「休止期」に以降するのですが、AGAの人はまだ十分に成長してない髪が「退行期」、「休止期」に移行して抜けてしまうのです。

これがAGA(男性型脱毛症)です。

枕についている自分の抜け毛を観察し、太くて長い毛が多ければ、「健康なヘアサイクルに基づく正常な抜け毛」です。逆に、細くて短い毛が多ければ、ヘアサイクルのバランスが崩れていると言えます。AGAの可能性が高いのです。

AGAの場合は、抜ける髪と生える髪のバランスが崩れている状態ですので、改善されなければ今後薄毛がどんどん進行してくでしょう。

AGAは治せます。

早い段階で、自分がAGAだと気づけたのであれば、それはラッキーです。

なぜなら、今ではAGAの処方薬が明確になっているからです。適切な対策をすれば確実に効果は出ます。

管理人
重要なことは「できるだけ早くからAGAの対策をすること」です。

自分は、23歳からヘアメディカルの大阪院「脇坂クリニック」に通ったことにより、早くからクリニックに通ってAGA対策をするメリットを痛感しています。

  • 若い方が効果が出るのが早い
  • 料金がかなり安く済む
  • 少ない薬で効果が出るので副作用と無縁

これらは、早くから対策を始めたからこそ体感できた事実です。詳しくは以下の記事に書いてあるので参考にしてください。

>>「病院で薄毛治療を20代から始めて体感した6つのメリット」

まとめ〜自分の抜け毛を見てAGAなら対策をしよう〜

以上、ヘアサイクルについて紹介し、自分の抜け毛を見れば「AGAかどうか」が判断できることを解説しました。

  • 「細くて短い抜け毛」が多ければAGAの可能性大
  • AGAの対策は早めにクリニックで始めるのがおすすめ

今、抜け毛に悩む方は、ぜひ自分の抜け毛をチェックして、AGAの可能性がないか確認してみてください。

自分は、23歳の段階でこれでした。

2010年9月18日撮影 23歳
脇坂クリニック初診時生え際写真

そこからAGAクリニック「ヘアメディカル」に通院し、最初の半年で髪は一気に生えました。

約半年後(2011年2月26日   23歳)

髪はもうずっとフサフサですが、その髪を維持するために、月に約1万円はらって今でもクリニックに通院しています。

繰り返しになりますが「早くからクリニックに通ったこと」が功を奏しました。もう髪の悩みはありません。

ぜひAGAクリニックに相談することを検討してみてくだささい。

ヘアメディカルでは、まずは公式HPから「無料カウンセリング」を受け付けています。自分にはどんな処方がされるか、どのくらいの料金がかるのかを含めて、話を聞いてみることがおすすめです。

ぜひ第一歩目を踏み出してください。最後まで読んでいただきありがとうございました。

ヘアメディカルの公式HPはコチラ
>>ヘアメディカル公式HP