お金がない大学生のための薄毛・若ハゲ対策

抜け毛・薄毛・若ハゲに悩む大学生のみなさま、こんにちは。

自分は今31歳ですが、みなさんと同じように大学生のころから抜け毛が増え、薄毛・若ハゲに悩みました。

この写真は、自分の23歳のときの写真です。(2010年9月18日撮影)

自分はもともと髪が細かったのですが、20歳を超えたころから抜け毛が増えてしまい、生え際が後退していきました。気が付くと23歳でここまで薄毛・若ハゲが進んでしまったのです。

薄毛に悩む大学生の方にとって、自分はある意味「薄毛の先輩」です。「ハゲ先」とでも呼んで下さい。

しかし、結論からいうと自分は薄毛を克服できました。妥協のない、真剣な対策を継続したからです。

現在(31歳)の髪の状況はこちらです。(2018年9月28日撮影)前髪を上げると、パーフェクトではないですが、現在は同級生友達よりも髪は多く、以前のように髪への悩みはありません。(下は2017年2月24日。友達の美容院で撮影)

  

この記事では「大学生はお金がない」という前提のもと、自分と同じように「薄毛・若ハゲに悩む大学生」に向けて対策方法を提案させていただきます。

ぜひ参考にしてください。(もちろん大学生以外の方もぜひ。)

1限目 シャンプーこそが最重要

今回の記事で伝えたいこと1位を選ぶとしたら「シャンプーには全員がこだわるべし」ということです

自分は「シャンプーこそが最重要の薄毛対策」という考えのもと長年対策を継続しています。

シャンプーは毎日のことで、イメージでいうと「土づくり」です。土がダメなら植物は生えませんね?

シャンプーは、「生えやすい頭皮・抜けにくい頭皮」をつくるための対策です。どんな薄毛対策も、効果が出るのは全て育毛シャンプーと正しい洗髪でつくった「生える頭皮」ありきの話です。

管理人
仮に、今自分が「市販のシャンプー」を誰かからプレゼントされたとしたら、メルカリで売ります。使うのはあり得ないからです。

確かに、育毛シャンプーに変えただけで髪が劇的に生えるなんてことはありません。若ハゲ克服はそんな簡単なものではありませんし、そもそも「生やす」ことではなく「生える頭皮を作ること」が目的です。ですが、市販のシャンプーはアルコール系で頭皮に優しくありません。そんなシャンプーを毎日使うなんて考えられません。

薄毛・若ハゲに悩む方は、頭皮に優しい「弱酸性のアミノ酸系」のものから選びましょう。

自分は、6つの「弱酸性のアミノ酸系シャンプー」を実際に利用して、ビフォーアフターを比較し、自分に合うシャンプーを見つけました。ぜひシャンプー選びの参考にしてください↓↓

「半額」で試せるおすすめのシャンプー

いくら重要とは言っても、値段の高いシャンプーは試しにくいですよね?

品質とコスパの観点から、大学生に最もオススメの育毛シャンプーを紹介します。

アデランス・ヘアリプロ薬用スカルプシャンプーです。

このシャンプーは自分も愛用しており、何より発毛・育毛のパイオニアである「アデランス社」が満を持して販売しているシャンプーなので、品質は他より抜きん出ています。自分の薄毛対策も、土台はこのシャンプーです。

また、

  • 公式サイトから定期購入で、1本目が半額(1,944円)で買える
  • もし気に入らなければ1本で解約ができ安心
  • 1本で約4ヶ月もつ

というコスパが魅力です。

管理人
多くの育毛シャンプーは、定期購入だと安く買えますが、最低3本は解約できないシステムとなっています。ちょっと試しにくいですよね。。それと比べると、アデランス・ヘアリプロシャンプーの親切さや品質への自信がわかると思います。

最初洗ったときの感覚や、ドライヤー後の仕上がりに驚くと思います。特に、これまで市販のシャンプー(9割以上がアルコール系)を使っていた方は確実に違いを感じられます。ぜひ最初の一本目をアデランス・ヘアリプロシャンプーで試してみてはいかがでしょうか?

公式サイトからなら1本目が半額(1,944円)で購入できるので、ぜひ試してみてください。

>>公式サイトはコチラ

シャンプーの方法も大事。ゴシゴシ洗っていませんか?

シャンプーそのもののやり方も重要です。髪は常に生え変わりますので「今抜けても良い髪」と「まだ抜けるべきではない髪」が生えています。

シャンプー時に「まだ抜けるべきでない髪」を抜いてはもったいな過ぎです。毎日のことなので1日10本変わりますよ?

  1. シャンプー前のお湯洗い(予備洗い)は3分以上
  2. シャンプーは泡立ちが全て
  3. とにかく優しく指の腹で洗う
  4. 完璧に流す

自分は毎回のシャンプーでこの4つのことを死守しています。予備洗いで汚れの80%が落ちますので少ないシャンプー量で効果的に洗うためにも3分かけて洗います。

洗い方はとにかく抜かないように優しく泡立てて洗い、最後にシャンプーを全て洗い流すことは最重要です。

より専門的なシャンプー方法はコチラ
>>【医師直伝】抜け毛・薄毛を防ぐ「細か過ぎるシャンプー講座」

2限目 早めに医者に相談するべし

もっと薄毛が進行してからAGAクリニックに相談しようと思っている方は、大間違いです。

もしAGAクリニックに通うなら、早くから通う方が確実に安く済みます。

自分は23歳からヘアメディカルの大阪院「脇坂クリニック大阪」に通っていますが、料金は月に10,300円です。大学生にとっては「高い」と感じるかもしれませんが、AGA治療は保険適用外なので、破格の安さと言えます。

管理人
自分の髪が増え、安い料金で髪を維持できている理由は「20代から薄毛治療をした」からです。ぜひ6つのメリットを体感してください。

髪が増えていく写真も載せています。
>>「病院で薄毛治療を20代から始めて体感した6つのメリット」

残念ながら、若ハゲというのは強力なハゲです。普通に考えて将来はもっとハゲます。

多くの人が30歳前後で抜け毛が増えていくにも関わらず、大学生で既に薄毛に悩んでいるというのは、まぎれもなくハゲる体質なのです。

しかし同時に、若ハゲは治しやすいハゲです。

自分はハゲたくない気持ちが強かったので、大学を卒業してからクリニックに相談しに行き、人生が変わりました。根本から薄毛を克服したい方は、AGAクリニックに相談することがおすすめです。

自分が通っているクリニックのHPはコチラ
>>ヘアメディカル「HP」

3限目 無料でできる薄毛・若ハゲ対策

シャンプーを買ったり、クリニックに通う以外でも、無料でできる薄毛・若ハゲ対策があります。

それは「生活習慣の改善」です。そもそも髪が抜けるには原因があるので、その原因を1つ1つつぶしていくことが重要です。

自分がやってる0円の薄毛対策
  • タオルで無駄に髪を抜かない
  • ドライヤーで髪を傷めない
  • 髪のために何を食べるかを意識
  • 毎日6時間睡眠
  • 常に余裕を持ちノンストレスを心がける
  • 頭皮のマッサージを習慣に
  • 爪のマッサージを習慣に
  • 適度な運動を意識
  • ヘアワックスを控え帽子をかぶる

より詳しくはコチラ
>>「自宅でできる薄毛・AGA対策~脇坂に通院しながら家でもやってる12のこと~」

劇的に髪が増える対策ではありませんが、毎日のことなので、意識して生活するかどうかで少しずつ差が出ると思っています。できそうなものから真似してみてください。

食べ物については、以下の記事も参考になると思います。

参考:>>「何を食べれば髪にいいの?〜抜け毛・薄毛に悩んだら食べるべきもの〜」

4限目 一人暮らしの大学生は「AGAプロテイン」で栄養補給

「食事」と「睡眠」と「ストレス」は抜け毛や薄毛に直接的に影響します。その中でも大学生は特に「食事」の面がネックになることが多いと思います。若ハゲを克服するカギは食事にあるという意識を持ちましょう。

自分も大学生のころから一人暮らしを始め、振り返ると食生活が若ハゲを進めたと思っています。

お金のない大学生の一人暮らしですから、「食生活」は終わってました。主にコンビニ飯やカップめん。ろくなものを食べていませんでした。そしてお酒も覚えるのでもうめちゃくちゃ。睡眠時間にも影響し、規則正しい生活と真反対の生活をしていました。今振り返ると抜け毛が増えて当然です。

髪が減る怖さをなめていたのです。栄養がないのに髪が生えるわけありません。

大学生の食生活を補い、効果的に髪を生やすために「プロテイン」を摂取することを提案させていただきます。

は?プロテイン?筋肉つけんの?

と思ったかもしれませんが、スカルプDでおなじみの会社、アンファーの「AGAプロテイン」は髪を作るたんぱく質だけではなく、そのたんぱく質「ケラチン」の生成に欠かせない「亜鉛」「ビタミン類」「ミネラル」を高配合しており、その名の通りAGAのためのプロテインとなっています。

身体の外からアプローチするよりも、身体の中からアプローチする方が薄毛対策には効果があります。食生活が欠点となる1人暮らしの大学生にはもってこいの薄毛対策なのです。

値段は30回分で4,200円(定期購入なら3,570円)となっており、大学生にとっては少し高いかもしれませんが、身体によくない「薬」にいきなり頼るより、身体に良いプロテインを摂取することで髪を生やす方法を提案させていただきます。

ついでに筋力アップすれば、モテ効果も2乗ですね(^-^)
自分のような若ハゲ大学生活ではなく、モテ生活を送ってください。

↓↓自分も飲んでます。レビューはこちら↓↓

5限目 安易に育毛剤に手を出さない

ネットにある薄毛サイトで育毛剤を悪く言うものは少ないです。

なぜなら、育毛剤はインターネットで死ぬほど売れるからです。ネットにあるほとんどの薄毛関連記事は、育毛剤を買わせるために存在するといっても過言ではありません。

実際、育毛剤はリスクもないですし、値段的にも手の出しやすい対策です。なんとなく、生えそうな気がする気持ちもわかります。

しかし、はっきり言いますが育毛剤は効きません。

>>「育毛剤が人間には効かない理由を脇坂AGAクリニック院長が暴露する」

で理由を書いていますが、そもそも育毛剤で髪が生えるのなら、AGAクリニックに人が集まるはずありません。

「安い」からといって安易に育毛剤に手を出すのは、お金と時間の無駄です。

6限目 それでも抜け毛が減らない人へ

どんなに対策しても抜け毛が減らず、かつ、AGAクリニックにも通いたくないという方は、AGA治療薬を入手する必要があります。

つまり、本来ならAGAクリニックに通ってお医者さんから処方してもらうべき薬を、別ルートで手に入れるという意味です。

入手方法は以下にまとめていますが、料金が安いほどリスクは高くなりますので、よく考えて購入してください。

>>「AGA治療薬の入手方法を料金の安い順にまとめました。」

薬の成分は、新たな髪を生やす「ミノキシジル」と今ある髪を守る「フィナステリド」or「デュタステリド」の2種類で間違いありません。もちろん自分も、医者から処方される「ミノキシジル」と「デュタステリド」を今でも服用しています。

くれぐれも摂取のしすぎには注意し、服用に際しては自己責任でお願いします。

 本来はAGAクリニックに通うのがベスト
AGAクリニックの無料カウンセリングに行った結果、「やっぱり金額的にキツイ」「就職してお金を得るまではいけない」しかも「シャンプーや日常生活の改善だけでは結果がでない」という方の最終手段が「飲み薬」の購入だと考えてください。

まとめ~お金のない大学生のための薄毛・若ハゲ対策~

以上、お金のない大学生のための薄毛・若ハゲ対策を紹介させていただきました。

大学生の薄毛・若ハゲ対策まとめ
  • まずはシャンプーを切り替える
  • シャンプーは「アデランス・ヘアリプロシャンプー」がおすすめ
  • どうせAGAクリニックに行くなら早めに行くべし
  • クリニックは「ヘアメディカル」がおすすめ
  • 0円でできる薄毛対策に真剣に取り組む
  • 一人暮らしの大学生はAGAプロテインで栄養を
  • 安易に育毛剤に手を出すのは無駄
  • それでもだめならAGAの薬を入手する
  • 薬の入手方法はリスクもよく考えるように

自分も、20歳を過ぎて抜け毛が増え始め、前髪がどんどん減っていったときは本当にショックでした。心の底からハゲたくなかったので、真剣に自分の髪と向き合い、薄毛・若ハゲを克服することができました。

今、薄毛や若ハゲに悩む大学生の気持ちは痛いほどわかります。

とにかく「対策はできるだけ早くから始めることが成功のカギ」です。

今、何も対策ができていない大学生はぜひこの記事を参考に、現在の自分の状況に合った薄毛・若ハゲ対策の第一歩目を踏み出してください。

良い結果が出ることを祈っております。最後まで読んでいただきありがとうございました。

アデランス・ヘアリプロシャンプー「公式」はコチラ↓ヘアリプロ